■中国列車乗車案内

 

 ̄悗肪紊い燭蘋茲鵬拱のX線検査を受けます。改札が始まり乗車できるのは大体発車時刻30分前なので、

1時間前位を目安に駅に着くようにしましょう。大きな駅では乗り場や待合室では、列車番号ごとに待つので

すが、日本では考えられない程の人達で大混雑している事が多いので、主要駅に大体完備されている《軟席候

車室》(=軟臥専用待合室)を探しましょう。この待合室では、ソファーやテレビがあってゆっくり待つこと

が出来ます。又、列車の発着時刻になると服務員が呼びに来てくれるので大混雑に煩われることなく安心して

列車に乗り込めます。

 

⇔鷦屬望莠屬靴討ら指定の席に服務員が着ますので列車チケット(乗車券)を見せて代わりに寝台列車座席

表(金属製3×5程度)を渡してくれます。この座席表は降車時に服務員に返さないといけないので失くさな

いように旅券と一緒に持っていて下さい。発車後、外国人はパスポートチェックをされるので車内服務員に見

せて下さい。青海チベット鉄道は、健康カードに記入して健康チェックを受けます。

 

F隹蘋覆蓮■歓唯閏爾離灰鵐僉璽肇瓮鵐箸巴羚馘監擦涼罎任郎嚢發離愁侫肇掘璽叛覆任后N簔繁軸鞍でベッ

トもゆったりできるしあったたかい布団と枕が着いています。手荷物は、軟臥室入り口上にある荷物置場へ置

くことが出来ます。貴重品は、乗車中肌身離さず持っていて下さい。

 

た佳羲屬離董璽屮襪両紊砲蓮電気スタンドが、下には、お湯入りポットが備えてあります。常時お茶を飲ん

だりカップラーメンを食べたりできますのでとても快適です。車内の食堂車で夕食もいいですけど中国名物`

ッカケ弁当`に挑戦するのも良いと思います。夕食時間になるとカートで売りにきます。1個20元位です。

または、列車に乗る前に必ず食料を少し調達をしといて下さい。飲料水、パン、カップラーメンやみかんなど

手軽に食べられものが良いと思います。車内の洗面所には、水道水があるので歯磨きや洗顔もできますが、只、

この水はまったく飲めませんのでミネラルウオーター水は、必ず余分に持って乗車しましょう。

 

ス濕30分前には服務員が呼びに来てくれます。そこで始めに受け取った`寝台車用座席表`を列車チケット

(乗車券)と交換します。駅出口では、再度検札があるので、列車チケット(乗車券)はすぐに取り出せると

ころに準備しておきましょう。そこで、記念に下さいと言えば貰えるときもあります。

  

■チケットの受け渡し

予め予定する現地オフィスでお渡しいたします。オフィイスのご来店が不可能な場合は、出発予定都市での

ホテルと送迎をつけることによりチケットをお渡しすることが可能になります。

中国現地情報

     中国の鉄道チケットは、現地ではなかなか思うように手に入りません。日本人が思う以上に中国人は列車を

   使って移動します。特に2月の旧正月と5月のゴールデンウイーク、10月の国慶節での休祭日前後10日間

は、民族の大移動となります。

■中国は初めて、言葉も分からないし不安もあるけど、でも鉄道に乗ってみたい方へ。

     鉄道列車を中国語では、`火車`(=フオウチャ−)と言います。`汽車`(=チイチャ−)という漢字は、

鉄道の意味ではないので要注意です。実は、車のことでバスという意味もあります。市バスは、公共汽車と

いうので鉄道と混同しないようにして下さい。広〜い中国の景色を列車に揺られながらゆったりと大陸をぼ

んやり眺めていてもホントに飽きないものです。

■お勧めルート

◆北京西駅から香港(九龍)まで約2500km1泊2日の旅では、2つの大河`黄河``長江`を通過してゆきます。

◆成都〜昆明間は中国最大の山岳地帯を通り抜けるルートで、少数民族″イ族爐了僂鮓れることもあります。

◆日程が限られた方にもお勧めするのは北京〜上海10時間夜行列車の旅は、案外早いです。

◆ウルムチからカシュガルまでの南疆鉄道のシルクロードでは、北に天山山脈、南にゴビ灘とタクラマカン沙漠

がごらんいただけます。

◆ラサから蘭州までの青海チベット鉄道では、世界一高いチベット高原でヤクの放牧や遊牧民族の生活している

チベットテントと万年雪の7000m級の山々が目前に迫ります。