チベット(西蔵)
       ナムツォ湖納木錯観光にとって最適シーズンが到来!!

5月から9月までの5ヶ月間のみは、チベットで一番の景勝地『ナムツォ湖』観光にとってのベストシーズンです。

チベット語で「天湖」と言われています。世界で最高の海抜を誇る湖畔で、その雄大な自然の中にて心身ともにリラックスしてみてはいか

がでしょうか。夏場には、遊牧民がテントを張り、多くのヤクや羊が放牧されている光景を目にし、心をなごませてくれます。ダムシュン県

(当雄県)にあり、拉薩(ラサ)から20キロの行程です。ダムシュン(当雄)から1時間ランチェンラ峠(標高5,132m)のを越えると

眼前に大きな湖が目に入ってきます。ナムツオ湖の海抜は、4,718m、深さ33m以上で、東西約70Km、南北約30Kmあり、面積は、

1,920平方キロ(琵琶湖の約3倍)の塩水湖で、高地にある湖としては、世界最大級です。アリ地区のマナサロワール湖、ナンカルツェの

ヤムドク湖とならび、チベット三大聖湖の一つです。全てニェンチィンタングラ山脈(念青唐古拉峰7,162m)の雪溶け水で、水が青く澄み、

空と一緒になるように見え、仙境にいる感じになります。湖の中へと伸びている形の5つの半島のうちタシ半島が最も大きく、ここからの見渡す

景観が最高です。観光客受け入れ施設も此処に設けられています。タシ半島は、岩石と多くの鍾乳洞からなっており、いたる所で奇岩怪石や石峰

を眺めることができます。さらに面白いことに石峰の間には、自然に形成された石の橋がかかっていて、こうした神業と思われる景観は、青海・

チベット高原においても珍しいところです。島には、タルチョがはためき、マニ塚や、洞窟を利用した寺院など信仰の対象となる物が数多くあ

ります。1日のうちでナムツォ湖が最も美しい姿を見せてくれるのは、早朝と夕方です。日の出とともにニェンチェンタングラ山の積雪が、

黄金色の日差しに紅く染まり、反射されたコントラストの日の光は、岸辺で光と影の移り変わりを演出してくれます。湖を囲んでいるのは、

果てしなく広がる大草原で、夏になると見渡す限りの緑の絨毯が広がり、秋には、黄金色の大海原が一面に広がっているようです。夕方には、

夕陽が雲の隙間から炎のような光を噴出しているようで、雲や雪山なども燃えているように見え、湖の水面は、赤みがかった金色に輝いて

います。ナムツォの最も魅力的なところというと、それは雲と光のユニークな変化です。1日のうちに、さまざまな気候を体験することができ、

気候の違いによってさまざまな景観が現れ、それが次から次へと移り変わり、一瞬も止まることがないほどです。濃いい青の湖面と対岸の雪山

の白い頂のコントラストが神々しい景観で眼前に逼ります。また、チベットでは、神なる山と聖なる湖と見なされるものは、すべて干支(えと)

が付与されています。ナムツォ湖の干支は、ヒツジ(羊)です。その故、ヒツジ年になると、この一帯では、12年に一度の大祭が執り

行われ、さまざまな祭りが催されます。紀元12世紀の末、仏教を伝える達隆嗄拳派の創始人の人達隆塘巴扎西貝等の高僧が、ここで修業して

いました。羊年になると菩薩やお釈迦様たちがここに集まるので、経文を読みながらこの湖を回っていたら、大変大きなプラス運に合えるとい

う伝説があります。そのために羊年は、たくさんの人々が山を越え、河を渡ってここに集まるのです。このお祭りは、チベット歴の未年の

415日がクライマックスです。

ヒツジ年のみ数ヵ月間にわたり僧侶たちが此処に泊まって修業します。次は、2015年です。ヒツジ年のナムツォ観光もぜひお勧めします。