◎チベット旅行へお申し込まれた皆様へ

この度は、チベット旅行にお申し込み頂き誠に有難うございます。楽しいのが旅です。

 チベット旅行で一番大事なのは、高山病対策の件ですが、弊社では安心してチベット
旅行が出来るように万全の対策をお願いしております。まず、高山病についての予備知
識を持つことです。下記に記しときますので熟読のうえお申込をお願いします。
 高地を旅行する方に一番理解しておいて欲しいことは、高山病を完全に予防すること
ではなくて、高山病になって死なないことです。高山病の症状の発現や病気の進行は非
に遅く、十分予測が可能です。天候に遮られたりして地理的に下へおろすことが不可
能であるような条件がない限り、きちんとした対応をとれば高山病で死ぬことはないの
です。高山病で死なないために知っておいて欲しいのは次の3点です。
1:自分自身で高山病の早期症状を知って、その症状の出現が判るようにする。
2:下記に書いてあるような高山病の何らかの症状の知識を認識しといて症状が
  でたら、それ以上高い地点に上がらない。
3:同じ高度で休んでいても体の症状がおかしいと思った時に直ぐに下りる。
  悪くなったら急いで低い地点に下りる。

 おかしかったらすぐに低い地点まで降りるというのが鉄則です。
 周りの人と歩調を合わせようというのが一番危険です。もし現地でお客様が「高山病」
になられた時は、一般的に救急車ですぐに病院へ送って、病院からでるお薬を飲んだり
点滴をしますと体が楽になって回復してきます。血液が酸性となるために呼吸が刺激さ
れて増加し、その結果高地に順応する体になってくるのです。夜中でも緊急時において
は、弊社指定の日本語ガイドの携帯電話にかければ、直ぐにホテルへ駆けつけ病院への
案内をしますのでご安心下さい。
 ラサの軍事病院には、酸素高圧室が設置されており99%はそこで回復します。
 現在、糖尿病と心臓病がある人は、事前に個人で医者に行っていただいて旅程表を見
せて診察を受けて許可を貰ってきて下さい。
 ※弊社は、お客様のプライバシーにあたる健康診断書での提出を持って可否を決める
ことは致しません。
 なお、一般的には高血圧、心臓病の方は、高山病にかかりやすいとされていますが、
少しでも不安な方は、日程表を医師にお見せして相談の上、ご判断下さい。
また、お電話などで弊社にご相談を頂きましても、お身体やご病気に関しては判かり兼
ねますので予めご了承下さい。ご自身のお身体は、ご自身で管理されますようお願い申
し上げます。海外旅行保険には必ず入っておきましょう。
 肺水腫になったらチャーター便で病院に搬送するのに付き添い人も必要になりますの
で400〜500万円ほどかかります。海外旅行保険は、必ず、疾病死亡をカバーした
海外旅行保険へ加入していただきます。なお、クレジットカードに付帯している海外旅
行保険は、カードによって疾病死亡の補償が付いてないなどの制限事項がございます。
カード会社に十分内容を確認の上、必要であれば弊社で足りない部分のみを補うAIU
保険会社の海外旅行保険もありま
すのでご加入をお勧め致します。